[PR]

 東京都多摩市のマンション外階段で派遣社員の上田真由華さん(26)が殺害された事件で、元交際相手の鈴木浩章容疑者(29)が「上田さんと係争中で、訴訟を取り下げてもらうために会いに行った。話を聞いてくれなかったので刺した」と供述していることが警視庁への取材でわかった。同庁は18日、殺人容疑で鈴木容疑者を送検した。

 捜査1課などによると、鈴木容疑者は数年前に短期間、上田さんと交際。その後にトラブルになり、裁判になっていた。事件数日後には判決が予定されていたという。鈴木容疑者は、事件当日は上田さんを待ち伏せしたが目が合うときびすを返されたので追いかけたと説明。「脅すつもりで包丁を持っていったが、話を聞いてくれなかったので殺そうと思った。階段で後ろから押し、倒れたところを刺した」と述べているという。