[PR]

 大相撲の東十両14枚目、貴乃花部屋の貴公俊(たかよしとし、20)が18日、春場所(エディオンアリーナ大阪)8日目の取組で敗れた後、支度部屋で年上の付け人に暴言を吐き、複数回、顔などを殴打していたことが目撃した関係者らの話で分かった。日本相撲協会の聞き取りに事実を認めたという。

 関係者によると、殴ったのは5、6発で、付け人は顔が腫れ、口の中を切って顔から血を流していたという。理由は、付け人が貴公俊に取組のために入場するよう伝えるタイミングが遅れたためではないかという。目撃者の説明では、支度部屋にはその様子を見ていた力士がいたが、止めた力士はいなかったという。

 貴公俊は栃木県出身。十両貴源治(20)の双子の兄で、元横綱日馬富士の傷害事件の被害者で3場所ぶりに出場している十両貴ノ岩(28)の弟弟子。貴乃花親方は今場所、4日目まで会場に出勤せず、協会から指示があった後は会場に現れているものの短時間しか滞在していない。この日も会場に現れたものの、貴公俊の暴行があったときにはすでに会場を後にしていた。

 また協会は、峰崎部屋でも兄弟子が弟弟子を殴る事案が起きたと明らかにした。示談が成立したため、公表したという。弟弟子は問題後に引退している。