【動画】一般公開された太陽の塔内部。万博後に行方不明になった第4の顔「地底の太陽」も復活した=矢木隆晴撮影
[PR]

 48年ぶりに内部が公開された太陽の塔(大阪府吹田市)。再生事業では、行方不明だった第4の顔「地底の太陽」も復活した。

 地底の太陽は直径約3メートル、幅約11メートルの巨大な黄金の仮面だ。塔の外側にある三つの顔につづく、第4の顔と呼ばれる。1972年の朝日新聞には、万博閉幕後に「兵庫県がもらい受けた」と記されているが、その後の行方は分からない。詳しい図面は残っておらず、制作途中の当時のスナップ写真など、わずかな資料を手がかりに作り直した。

 地底の太陽が設置されているのは地下の展示空間。かつては、「いのち」「ひと」「いのり」の三つの空間で構成され、地底の太陽は「いのり」の呪術的な空間の中心だった。

 ただ、地下空間は万博閉幕後に埋められ、今回再生された地下展示室は「いのり」の空間のごく一部。そこで、地底の太陽にプロジェクションマッピングを投影し、背景のスクリーンに当時の写真も映し出して、三つの空間のイメージを伝えている。

 再生された地底の太陽は、当時も飾られていた世界の仮面や神像、土偶に囲まれている。

 内部展示プロデューサーの平野暁臣さん(59)は「地底の太陽は神々の森の呪術師」と解説する。