[PR]

 安倍晋三首相は19日午前の参院予算委員会で、財務省が森友学園との国有地取引に関する決裁文書を改ざんしていた問題について「行政府の長として責任を痛感している」と述べ、謝罪した。一方、「理財局内の決裁文書など存在すら知らない。指示のしようがない」と語り、改ざんへの関与を改めて否定した。自民党の青山繁晴氏の質問に答えた。

 予算委では首相は「書き換え前の文書を見て、私や私の妻が国有地の払い下げや学校の認可に関与した事実はなく、関わったことにならないことは明らかだ」と強調した。改ざん前文書についても「妻について書かれた記述は書き換え全体の中のごく一部」「妻が出てこない部分も削除されている」などと述べ、「妻の記述かどうかに関わりなく削除されたものと思われる」との認識を示した。

 新設予定の小学校の名誉校長に昭恵氏が就いていたことに関連し、首相は「国民の皆様から疑念の目が向けられることは当然のことだ」と述べた。今後については「妻もこうした名誉職は一部を除いてほぼすべて辞退をさせていただく」と語った。

 麻生太郎財務相は改ざんについて「当時の理財局長に対して、いろんな形で圧力があったということを全く考えていない」と述べ、当時理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官への圧力を否定した。民進党の難波奨二氏の質問に答えた。

 難波氏は報道各社の世論調査で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも