[PR]

 北欧の国々は家庭生活に適したパラダイスとみられている。出産後の何カ月かは、父親も母親も家で子どもと一緒に過ごせる。子どもは政府が補助金を出している良質な保育施設にあずけられるし、帰りは早い時間に迎えに行ける。勤務時間は世界で最も短い。

 とはいえ、平等主義的ではない。最新の調査によると、北欧諸国の女性の賃金はフルタイムで働く場合でも、男性と比べて15%から20%低い。これは、米国における賃金の男女格差とほぼ同レベルである。

 格差の主な理由は、北欧も米国も同じだ。子どもの存在が母親のキャリアの足を引っ張っているのだ。つまり、女性の方が男性よりも育児に多くの時間を割いているからである。

 最近の研究によれば、米国でも…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも