[PR]

(悩みのるつぼ)相談者 70代女性

 中学校時代の同窓会に参加し、55年ぶりに再会した同級生に恋をしてしまいました。時折胸が締めつけられ、涙さえ流れてしまいます。まったく、いい年をしてこんなことになり、「誰かどうにかして!」と叫べたなら、少しは楽になるのかもしれませんが……。

 彼との関係はその昔、思春期に手紙のやりとりをし、美術館に行くなど、純愛そのものでした。その後、どちらからともなく交信が遠のき、それぞれ社会人から子育て時代に突入、そして今ではお互い、孫のかわいさにしわを増やしている「じじ」と「ばば」です。

 それが、同窓会報を介して「お互いの消息だけでも知りたい」との思いが通じての再会でした。うれしさのあまりメールのやりとりを重ねるうち、当時伝えきれなかった思いがよみがえり、70代のこの身にのしかかっています。山ほどの家事も手につかず、募っていく熱い思いに難儀しているのです。

 このほとぼりは、自然に冷めてゆくものなのでしょうか? この年になって思春期のすてきな感情を味わうという、想像もしなかった事態です。大きなよろこびとともに、いつまで続くのか、エネルギーが奪われ燃え尽きてしまいそうな不安感もあるのです。どうすればいいのか、かなうことなら美輪明宏様にご回答頂ければ大変うれしいです。よろしくお願いします。

回答者 歌手・俳優 美輪明宏さん

 この方は、若い頃にやり残したことを遂げたい、つまり最後まで行きたいと思っているのでしょう。「女性は灰になるまで」といいますが、一方で男性の場合、よほどの人でないと不能になります。いざという時に情けない、みじめな思いをさせることになるかもしれません。うまくいかなかった場合、男性は落ち込み、謝罪するでしょう。

 それから、お二人ともお孫さん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら