[PR]

 財務省が森友学園との国有地取引に関する決裁文書を改ざんしていた問題について、神奈川県の黒岩祐治知事は19日の定例会見で「あってはならないこと。しっかり真相を解明してもらいたい」と、財務省に苦言を呈した。

 また、「行政の信頼を揺るがす大きな出来事。県の中ではあり得ないと思うが、絶対起きないように改めて脇を固める必要がある」と述べた。一方で、県庁内で同様事例がないかを調べる考えは、現時点ではないとした。

 書き換えについては、政治家の関与や官僚の忖度(そんたく)の有無が焦点になっている。県庁内で県職員からの忖度を感じたことはないかとの記者からの問いに、黒岩知事は「ある」と述べた。

 だが、県のトップである知事がすべてを命令するわけではなく、指示を出した後に職員が独自の判断で動くため、「知恵を絞った中で悪意ではなく、トップの意向を反映するためにやった作業の積み重ねでズレが生じることは自然にあること」と、独自の忖度論を展開した。(岩堀滋