[PR]

 安倍晋三首相や麻生太郎財務相が公文書改ざんを知ったのは、本当に公表前日の11日だったのか。19日開かれた森友学園問題をめぐる参院予算委の集中審議で、野党側の追及はこの点にも集まった。官僚にげたを預けるような首相らの姿勢と、それに応じるような財務省側の答弁。疑惑は晴れず、議場は荒れた。

 7時間に及んだ集中審議。安倍首相がいつ改ざんの疑いを把握したのかに質問が及ぶと、委員会室は騒然とした。

 安倍首相は14日の参院予算委員会で、改ざんの報告を受けたのは「11日」と答弁した。一方で、翌15日に、「文書の一部が国土交通省に保存され、書き換え前のものである可能性がある」と6日に伝えられていたことが判明した。財務省は8日に「改ざん後」の文書のみを国会に開示。この点を野党は追及している。

 「何で改ざんの可能性があると報告を受けながら、国会にも国民にも知らせなかったのか。野党や国民の疑問に、丁寧に誠実に対応しているとは思えない」。共産党の小池晃議員が問いただした。

 安倍首相は6日に報告を受けていたことは認めたうえで、「事実関係が明らかになった時点で直ちに公表するのが一貫した方針」と強調し、「政府の立場で不確実なことは申し上げるべきではない」と釈明した。

 拍手とヤジが入り交じるなか、安倍首相は「事実関係を確認できるのは財務省だけ」とも言及。「(8日の開示の)判断は財務省が行うこと。私たちがそれを乗り越えて確認できない」と述べた。これに小池氏は返した。

 「総理でしょ。何で乗り越えられないんですか」

■麻生氏「最終結果待…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら