[PR]

 ツイッター上で他人になりすまされた埼玉県内の女性が、米ツイッター社を相手取り、なりすましたアカウントの削除を求めた仮処分申請で、さいたま地裁が申請を認めて削除を命じた。女性の代理人弁護士への取材でわかった。代理人によると、アカウントごとの削除を裁判所が命じるのは異例という。

 代理人の田中一哉弁護士によると、昨年6月、何者かが女性になりすましてツイッターのアカウントを開設。プロフィルには女性の実名や住所が記載され、女性が実在する元アダルトビデオ女優だと読み取れる文言や、画像11枚が投稿されていたという。

 女性側は人格権を侵害されたとして、アカウント削除を求めて仮処分を申請。ツイッター社側は、アカウントを削除した場合、保有者による「将来の表現行為について包括的に事前差し止めを認めることになり、表現の自由の観点から慎重に判断されなければならず、認める場合も最小限の範囲に限定されるべきだ」と反論していた。

 仮処分の決定は昨年10月。小林久起裁判長は「アカウント全体が不法行為を目的とすることが明白」などとして人格権侵害を認め、アカウントの削除を命じた。同年12月にアカウントは削除されたという。田中弁護士は「個々の投稿の削除命令は珍しくないが、アカウントごと削除させる決定は全国初ではないか」と話している。(笠原真)