【動画】井山裕太七冠は決勝で韓国の朴廷桓九段に敗れた=村上耕司撮影
[PR]

 囲碁の世界トップ棋士が争う「ワールド碁チャンピオンシップ2018」(WGC)決勝が19日、東京・市ケ谷の日本棋院であり、井山裕太名人・七冠(28)は韓国の朴廷桓九段(25)に敗れ、日本勢5年ぶりの世界タイトル獲得は成らなかった。

 朴九段は昨年の第1回大会の覇者で、韓国ランキング1位。対局は序盤から朴九段ペースで、井山名人の勝負手を封じて完勝した。

 井山名人は13年、1手30秒のテレビ囲碁アジア選手権で日本勢として8年ぶりの世界戦制覇を遂げたが、その後の世界戦では無冠が続く。今年に入り世界メジャー棋戦「LG杯」、WGCと続けて決勝に進んだが、いずれも準優勝に終わった。対局後「現時点で朴九段との大きな差を感じた。見せ場らしい見せ場もつくれず残念。今の自分の状態に歯がゆい思いがある。ここを乗り越えれば進歩があると信じてやっていきたい」と話した。(大出公二)

関連ニュース