[PR]

 財務省の決裁文書改ざん問題で焦点となっている佐川宣寿・前国税庁長官の証人喚問は19日の参院予算委員会では決まらず、20日以降に持ち越された。与党側は党内調整が間に合わなかったことを理由としたが、野党は抗議し、20日に決定するよう求めた。

 19日夕の同委理事会で、与党筆頭理事の石井準一氏(自民)から与野党協議がまとまらなかったと報告された。石井氏は「与党執行部の判断を得るには時間がかかる」と理由を説明。野党筆頭の川合孝典氏(民進)は「大変遺憾だ」と批判した。