[PR]

 選抜大会に出場する由利工(秋田)の選手は冬休みの間にアルバイトをしている。近年始めた春の沖縄遠征の費用の足しにするためだ。

 アルバイト先は学校から近い大型スーパーマーケットやコンビニエンスストア、郵便局。エースの佐藤亜蓮(あれん)はこの冬、スーパーの調理場ですしなどをつくった。佐藤は「中トロが好き。一緒に働くお母さん方には怒られることもあるが、帰り際におすしをくれる」とにっこり。今大会は21世紀枠での出場が決まり、触れ合った地域の人たちの声援に応えたいと意気込む。

 今春の沖縄では冬場のトレーニングの成果で球速は1キロ上がって143キロに。シーズンは始まったばかりで、まだ上がる可能性はある。19日の甲子園練習ではマウンドに立ち、「テレビで見ていた場所で緊張した」とうれしそうに話した。1回戦の相手は強打がチームカラーの日大三(東京)。「しっかりとコースに投げていきたい」と強い気持ちで臨む。(坂名信行)

こんなニュースも