[PR]

(20日、大相撲春場所10日目)

 関取最重量215キロの逸ノ城対、2番目の205キロの魁聖。計420キロの巨漢力士対決は、10キロ重い逸ノ城に軍配が上がった。

 立ち合いから館内がどよめいた。ともに右四つ。十分な左上手を引き合った。先に攻めたのは自己最多10連勝を狙った魁聖だった。胸を合わせたまま寄った。逸ノ城がこらえた。

 次は逆襲だ。逸ノ城が両まわしを引きつける。最初は攻めきれない。2度目に引きつけて相手の腰を伸ばしたところで勝負あった。最後は基本通り差し手の方に寄り、1分ちょうどの力相撲にけりをつけた。

 風呂から上がった逸ノ城は淡々としていた。「長かったですね。危なかった。先に攻めようと思ったが、逆になった。がっぷりで相手も重たいんで」。16場所ぶりに返り咲いた5度目の三役で、10日目に勝ち越すのは最速だ。

 一方、敗れた魁聖はもう笑うしかなかったようだ。「一発勝負だったけどダメだった。がっぷりになった瞬間、『重ッ』と。デカすぎて力が伝わらない。お昼ごはんをいっぱい食べて体重が並ぶように、と思ったが、足りなかった」

 素早い動きや切れの良い投げ技も魅力だが、やはり大男が互いに力を出し合う熱戦こそ、大相撲のだいご味だ。それをこの日はなにわのファンも堪能した。

 全勝の1人を引きずり下ろした逸ノ城は、11日目は残った勝ちっ放しの横綱鶴竜に挑戦する。(竹園隆浩)

 ○鶴竜 単独トップにも冷静。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら