前川氏の講演調査、野党が攻勢 赤池氏は会見で圧力否定

増谷文生、峯俊一平
[PR]

 前川喜平・前文部科学事務次官の講演を文科省が調査していた問題で、自民党の議員の意見を質問に反映させていたことが20日、明らかになった。野党側は「異例の対応」と国会で追及している。一方、意見が反映された議員は自民党の会合を欠席し、姿を見せていない。

 林芳正文科相は20日、文科省が名古屋市教育委員会に質問を送る前、自民党の池田佳隆衆院議員に質問を見せていたことを明らかにした。同日の参院予算委員会で、民進党の大島九州男議員は「政治家から問い合わせがあった時には調査をするのか」と文科省の対応に疑問を投げかけた。

 大島氏は、質問のどの点を修正したのかも聞いたが、文科省の高橋道和・初等中等教育局長は「精査中。すみやかに確認する」と回答するにとどまった。

 やはり、前川氏の講演について文科省に照会していた、自民党文科部会長の赤池誠章参院議員も20日午前、党本部で記者会見をした。天下り問題で懲戒処分相当とされた前川氏が公立の中学校で授業を行う点について、法令や教育上の問題がないか疑問に思い、「(天下り問題による)国家公務員法違反者が教壇に立てるのですか。確認をお願いします」と文科省幹部にメールを送ったことを明らかにした。

 赤池氏は「立法府の一員として、(法令が)どう運用されているかを確認するのが我々の仕事」と述べ、文科省への圧力は否定した。この日は党文部科学部会の会合だったが、部会長代理の池田氏は欠席した。党関係者は「地元で予定があったため」と説明した。増谷文生、峯俊一平)