[PR]

 NPO法人ホープツリーは、親ががんになった子どもたちのサポートプログラムを開いています。「クライム」というその活動に、どんな思いを込めたのでしょうか。ホープツリーの代表で、医療ソーシャルワーカーの大沢かおりさんに聞きました。

 患者さんや、そのご家族の相談に対応する医療ソーシャルワーカーになったのが1991年。そのときは「がん」も「子ども」も専門分野ではなく、病院内でただ1人のソーシャルワーカーとして多くの患者さんの悩みの相談を受けていました。転院先を探したり、退院後の生活プランを組み立てたり。内容はさまざまでした。

 ただ、こうしたケアは患者本人に対するものだけです。病院内で患者の子どもに対するケアが全くできていなかったことが、心に引っかかっていました。

おおさわ・かおり
1967年、神奈川県生まれ。上智大文学部を卒業後、91年から社会福祉士として病院に勤務。2008年、がんになった親とその子どもをサポートする「Hope Tree(ホープツリー)」を設立。15年にNPO法人化し、子どものサポート活動「CLIMB(クライム)」を実施している。

 この思いをさらに強めたのは、ある一組の家族との出会いがきっかけです。

 2000年ぐらいでしょうか。お母さんががんになって亡くなってしまい、そのすぐあとにお父さんもがんになってしまった家族がいました。子どもはまだ小学生の幼いきょうだいが2人。なのに、お父さんに残された時間がもう少ないぞ……という状況でした。

 ある日の夜、病院で病状を見守っていたとき、突然3年生くらいだったお兄ちゃんが院外に逃げ出してしまったのです。夜だから病院の人手も少なく、私が必死で追いかけました。なんとか近くのマンションの入り口にいるところを見つけたものの、泣きわめいて暴れて、病院へ連れて帰るのもすごく大変。どうしたらいいのか、途方にくれました。

 当時、医療者には子どもへのケアが大切だという視点がなかったと思います。むしろ、「医療者は子どもの専門家ではないから、下手に接しない方がいい」という意識さえありました。いま振り返れば、彼に対して「これから何が待っているかわからずに不安なんだろうな」とか、「こんな声を掛けてあげればよかったな」と後悔することがたくさんあります。

 それから、自分自身が乳がんに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら