夜景に浮かぶ小さな手形…もう会えない息子が残した跡

有料記事

力丸祥子
[PR]

 埼玉県西部にあるマンションの15階。仕事から帰った弘さん(48)は、部屋の窓ガラスに目を向ける。夜景をバックに、小さな手形と唇の跡が浮かぶ。

 「今日もあるな」

 一人息子、孝祐(こうすけ)君のもの。

 2014年2月、2歳10カ月で亡くなった。春から通う幼稚園の制服の採寸が終わったところだった。

 東京女子医大病院で首の治療…

この記事は有料記事です。残り660文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント