[PR]

 認可保育園の当落は、働き方や家族の状況などをもとに自治体が定める「ポイント」に左右される。この加点をめぐり、親たちは振り回されている。

 東京都練馬区の女性派遣社員(36)は、この4月から長男(4)と長女(0)を同じ認可保育園に通わせる。だが、心は晴れない。

 2014年3月に長男を出産した。当時登録していた派遣会社は育児休業を取れず、退職した。翌年からの仕事再開をめざして保活を始めると、求職中の専業主婦は選考に不利で落選した。

 インターネットでは「認可外保育園に預けた実績でポイントを稼ぐのが必須」といった情報が並ぶ。電話をかけ続け、隣の市の認可外園に空きを見つけた。入園金が約10万円、保育料が月約7万円。費用はかさむが、入園を決めた。

 だが、園からの連絡漏れで、継…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら