[PR]

 財務省の決裁文書改ざん問題で連日、国会答弁に立つ同省の太田充理財局長に対し、野党議員らが20日の審議で、「誠実な人柄」「国に忠誠を尽くす仕事に感銘」などとエールを送った。責任の所在は安倍政権そのものにあると考える野党側が、財務省たたきに走る自民党との違いをきわだたせようとした格好だ。

 衆院財務金融委員会で、立憲民主党の末松義規氏は「一党一派に偏しないで日本国に忠誠を尽くす、極めて優秀でしっかりした仕事ぶりに感銘した」と野田政権時代、秘書官だった太田氏と共に働いた思い出を披露。「(このことは)太田さんの名誉のために言っておかねば」と続けると、議場から拍手が起こった。

 参院予算委員会でも、日本維新の会の浅田均氏が「誠実な人柄とお見受けする。疑っている方がいるかもしれないが私は信じる」と述べた。

 太田氏は19日の参院予算委で、自民党の和田政宗氏から「安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁をしているのか」と非難された。共産党の大門実紀史氏は参院財政金融委員会で「個人攻撃だ。あんな嫌な質問をよくやる。そこまで自民党が劣化したのか」と批判した。(山岸一生)