宮崎)空き家協定を締結 日南市がライフルと

有料会員記事

稲野慎
[PR]

 日南市は、人口減少などに伴って増えている空き家対策のため、国内最大級の不動産情報サイトを運営するLIFULL(ライフル)(本社・東京)と、空き家の利活用に関する地域活性化連携協定を締結した。同社はサイトを通じて日南市内の空き家情報を発信するほか、市内で空き家の遺品整理サービスや所有者向けのセミナーなどを展開し、空き家の利活用を図る。

 市によると、市内の空き家は2013年度の国のデータで約3600戸。市の観光地の飫肥地区では空き家を和風旅館やIT企業の事務所に改修する利活用が進んでいるが、ほかの地域では放置されたままの空き家が多いという。

 市は対策として、同社の全国的な空き家情報の発信力と利活用の専門性に着目し連携協定を結ぶことを決めた。同様の連携協定を同社と結ぶのは全国の自治体で3例目。

 同社は1997年設立の東証…

この記事は有料会員記事です。残り460文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら