[PR]

川合孝典・参院予算委員会野党筆頭理事(発言録)

 今回の(財務省の森友学園への国有地売却をめぐる決裁文書改ざんなどの)一連の問題で、霞が関、中央省庁に対する国民の不信感が高まっている。国にとって官僚組織は必要欠くべからざる組織であるのは言うまでもない。公僕として国民のためにその能力をいかんなく発揮してもらうためには信頼回復が不可欠だ。

 (官僚は)言いたいことがあっても言えない局面もあると思う。自身の意に沿わないことであっても指示があったとすれば組織人として対応する。(27日の証人喚問が決まった、改ざん当時の同省理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官には)本当のことをきちんとおはなしいただき、真相解明をすることで彼らのプライドを取り戻させてあげたい。(国会内で記者団に)

こんなニュースも