[PR]

 JR西日本は20日、山陽新幹線(新大阪―博多)の車内で無料の公衆無線LANサービスを始めると発表した。今年夏から順次、車両に機器を取り付け、2019年度末までに全83編成で使えるようにする。

 JR西によると、新サービスは利用者が通信事業者と個別に契約する必要はなく、事前の契約も不要。相互に乗り入れるJR東海の東海道新幹線(東京―新大阪)も今年夏からの順次導入を決めており、東京―博多間で無線LANが使えるようになる。

 また、北陸新幹線でも同様のサービスを始め、19年9月までに全編成で使えるようになるという。