拡大する写真・図版 「発想力を養うには、休みが必要」。剣山状のレモン搾り器などユニークな商品を売り出す旭電機化成の原守男専務は話す=大阪市東成区

[PR]

 大企業に比べて待遇改善が遅れていた中小企業に、賃上げや公休を増やすなど積極的な動きが出始めた。就職活動中の学生から「労働条件が悪い」という負のイメージを取り除くためだ。人手不足が、経営者の背中を押している。

「優秀な人材の確保をめざす」

 計測装置メーカー、中央電機計器製作所(大阪市都島区)は4月、前年比2%を超える賃上げを行う。賃上げは求人票にも書いて、就職活動中の学生らにアピールしている。畑野淳一社長(44)は「中小企業でも仕事で成果を出せば、しっかり賃金が上がることを示したい」と話す。

 中堅建設会社、三和建設(大阪…

この記事は有料会員記事です。残り846文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り846文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り846文字有料会員になると続きをお読みいただけます。