【動画】「日本一長い」を目指して命名したという弁当の正式名称を青森出身者に読み上げてもらった=神沢和敬撮影
[PR]

 青森県産のブランド米、「青天の霹靂(へきれき)」をご存じだろうか。2月末に発表された日本穀物検定協会の2017年産米「食味ランキング」では、最高評価「特A」を3年連続で獲得。さっぱりとした食感で「どんな料理にも合う」のが特徴という。そんな米のおいしさを伝えようと、青天の霹靂や青森県産食材を使った100種類の料理が100マスに入ったお弁当が作られたというので見に行ってきた。

 五段の重をひろげ、目の前に並べるとさすがに壮観。中には大間のまぐろやリンゴ、ニンニク、ゴボウなど有名食材のほか、青森おでんを食べる際に使われるショウガみそや、牛バラ肉を大量のタマネギと一緒にいためた「十和田バラ焼き」など郷土の味がふんだんに入っている。

 青森県の依頼で「100種類100マス青森弁当」を作ったのは、弁当宅配サイト「ごちクル」を展開するスターフェスティバル(本社・東京)。

 広報の石尾怜子さんは「100種類、どんなおかずにも合う」と自信をのぞかせる。

 青森県は06年から米の育成に力を入れてきた。そこから生まれた晴天の霹靂は「粒が大きめで、後味のキレがよく、どんなおかずとも相性がよい」という。

 14年産が参考品種扱いながら「特A」と評価され、15年から本格栽培を開始。ただ、17年産米のランキングで新潟県の「魚沼コシヒカリ」が「特A」から初めて外れたことが話題になる一方、青天の霹靂の認知度はまだまだ低い。そこで「お弁当を皆で囲んで食べるお花見シーズンにあわせて豪華弁当の販売を考えた」と、県総合販売戦略課の西村達弘課長は話す。

 弁当は「ごちクル」(https://gochikuru.com/別ウインドウで開きます)で注文できる。届け先は東京23区内限定で、期間は3月27日~4月9日(注文は1週間前まで)。税込み1万6200円。

 ちなみに、100マスの大型弁…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら