立川左談次さん(たてかわ・さだんじ=落語家、本名山岡通之〈やまおか・みちゆき〉)が19日、食道がんで死去、67歳。通夜は25日午後6時、葬儀は26日午前11時から東京都荒川区町屋1の23の4の3の町屋斎場で。喪主は妻光子さん。

 68年に立川談志に入門し、82年に真打ち昇進。16年にがんであることを公表し、治療を続けながら、今月11日まで高座に上がっていた。