[PR]

 第76期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の挑戦者決定戦が21日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、羽生善治竜王(47)が稲葉陽(あきら)八段(29)に勝ち、佐藤天彦名人(30)への挑戦を決めた。羽生竜王は3期ぶりの名人獲得を目指す。名人戦七番勝負は4月11日に開幕する。

 今期A級は、最終戦を終えて6人が6勝4敗で並び、史上最多人数でのプレーオフになった。羽生竜王は豊島将之八段(27)を破り、プレーオフの最終5局目である本局に臨んだ。

 「十九世名人」を名乗る資格を持つ羽生竜王は昨年12月、竜王を奪取して「永世竜王」の条件を満たし、史上初の「永世七冠」も達成した。通算タイトル獲得は現在99期で、史上初の100期まであと一つに迫っている。稲葉八段の2期連続での名人戦出場はならなかった。(村瀬信也

 〈羽生竜王の話〉 プレーオフは全然想定していなかった。順位戦の対局の間隔があいていたのでうまくテンションを保ち続けなければと思っていた。プレーオフで対戦した2人には順位戦で負けていたので、気持ちを切り替えてやらなければと思っていた。名人戦(七番勝負)への実感はまだないが、機会に恵まれたのでコンディションを整えて臨みたい。タイトル通算100期については一つの目標としてやっていきたい。