写真・図版

[PR]

 スギ花粉やダニによるアレルギーの治療で、口の中に薬剤を含むだけで体質改善を図る「舌下免疫療法」が広がりつつある。注射が必要だった従来の方法より簡単で、ダニ用は子どもも受けられる。スギ花粉用も従来の液体薬に加えて新たに錠剤が登場しそうだ。

 川崎市の会社員の男性(46)は、高校生のころからスギ花粉症に悩まされてきた。飛散期には鼻水やくしゃみが止まらず、ひどい時は鼻づまりでなかなか寝付けない。

 市販薬を1日2回服用してきたが、2年半前から日本医科大武蔵小杉病院(川崎市)で舌下免疫療法を続けている。処方されたスギ花粉用の液体薬「シダトレン」を毎朝、舌の下に数滴落とす。半年ほど続けると、翌年の飛散期から症状が和らいだ。「だるさが出る市販薬の使用量が大幅に減り、効果を感じる」

 日本医科大武蔵小杉病院では、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら