【動画】二条城の唐門でプロジェクションマッピング=筋野健太撮影
[PR]

 光と音で演出する桜の花見が、世界遺産・二条城(京都市中京区)で23日から始まる。プロジェクションマッピングが行われる唐(から)門(国重要文化財)では、彫り込まれた竜が動きだして氷に閉ざされた二条城に春を運び、来場者を城内へ案内する物語のCG映像を投影。堀の石垣や50品種300本の桜もライトアップされる。

 元離宮二条城事務所によると、城内の桜は今週末に開花する見込みで、3月末から4月上旬に見頃を迎えそうだという。ライトアップイベントは4月15日までの午後6時から9時(入城時間)。一般600円、中高生350円、小学生200円。問い合わせは同事務所(075・841・0096)へ。(筋野健太)

関連ニュース