[PR]

 前線を伴った低気圧や上空の寒気の影響で、春分の日の21日は関東や甲信の山沿いを中心に雪が積もり、東京都心でも昼ごろに雨が雪に変わった。気象庁によると、22日朝にかけて関東や甲信、東北の太平洋側では大雪になる恐れがあり、警戒を呼びかけている。

 同庁によると、午後1時時点で関東では山沿いを中心に数センチから数十センチの雪が積もり、横浜市でも1センチの積雪となった。低気圧は22日にかけて本州の南岸を発達しながら三陸沖に進み、上空には寒気が流れ込む見込み。22日午前6時までの24時間に降る雪の量はいずれも多い所で、関東北部の山沿いと甲信で40センチ、東北の山沿いで30センチ、東北の太平洋側の平地で20センチ、関東北部の平野部で10センチの予想。

 一方、低気圧が通過した後は各地で気温が上昇し、22日の最高気温は東京都心で18度、関東北部でも15度前後の予想。23日以降も20度前後の予想となっている。(山本孝興)