[PR]

 ビートたけしさん(71)の書き下ろし小説「ゴンちゃん、またね。」が、22日発売の「週刊文春」3月29日号に全文掲載される。文芸春秋が21日発表した。昨年発表した恋愛小説「アナログ」以来の新作書き下ろし。作品の分量は400字詰め原稿用紙80枚相当といい、たけしさんが描いた挿絵2点も入るという。

 うだつのあがらない小説家志望の男と愛犬ゴンを巡る物語だ。たけしさんが子供の頃、初めて飼った野良犬チビとの思い出が書くきっかけになったという。「犬の思い出と現代人の孤独がつながった時に作品が生まれたと思う。こんな時代だし、大人のメルヘンとして読んでもらえたらありがたいな」とコメントをしている。(山根由起子)