[PR]

 ナイジェリア北東部ヨベ州ダプチの全寮制学校で、イスラム過激派「ボコ・ハラム」が生徒110人を誘拐した事件で、地元政府は21日、生徒104人が解放されたと発表した。生徒5人は死亡し、1人は拘束されたままだという。

 事件が起きたのは2月19日午後6時過ぎ。生徒の親や学校教員によると、武装した男たちが2台のトラックなどで900人以上の女子生徒らが過ごす全寮制学校に侵入したという。

 解放された女子生徒の親は朝日新聞の取材に、「21日早朝に武装勢力が多くの生徒をトラックで連れてきた。娘に再会できて本当にうれしい」と話した。解放された生徒の多くは病院で検査を受けているという。

 ナイジェリアのブハリ大統領は事件後、「国家的惨事」として、救出に向けてボコ・ハラムと交渉するとしていた。生徒の解放と引き換えに、金銭の提供や拘束した戦闘員を解放したかどうかは分かっていない。(マイドゥグリ〈ナイジェリア〉=石原孝