[PR]

 東京都奥多摩町の三頭山とヌカザス山の付近で、積雪のため下山できなくなっていた登山客男女13人のうち6人が、22日午前6時40分ごろまでに下山した。警視庁青梅署によると、13人のうち一部の人はけがをしているが、全員、命に別条はないという。

 同署や東京消防庁によると、21日午後7時45分ごろ、同町の三頭山とヌカザス山の付近で男女13人の登山客から「13人のパーティーで来ていたが下山できない」と119番通報があった。

 22日午前6時40分ごろ、このうち6人が、同署員などの介添えを受け下山した。体の痛みや凍傷の症状があるため病院に搬送された。残る7人のうち、2人が担架で、1人が背負われ、4人が介添えを受けながら下山中という。

 13人の一部は外国人という情報があり、青梅署などが確認している。