[PR]

 フィギュアスケートの世界選手権は21日、イタリア・ミラノで開幕し、女子ショートプログラム(SP)は地元イタリアのカロリナ・コストナーが80・27点で首位に立った。平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が小差の79・51点で続いた。宮原知子(関大)は自己ベストに迫る74・36点で3位、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は65・89点で8位につけた。

 コストナーは、強く速くなったり、優しくゆっくりとなったりする女性ボーカルの曲を、緩急ある滑りと上半身のしぐさで踊り分けた。ジャンプを決める度に拍手が大きくなる。自己ベストを2点近く更新する会心の演技で首位に立った。31歳のベテランは「15年前、イタリアでは誰もこの競技を見に来なかった。でも今は、この会場が埋まる。ここにいることが幸せ」とかみ締めた。

 一方で、15歳のザギトワは連…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも