[PR]

 仮想通貨をめぐる投資トラブルが後を絶たない。違法性が疑われるケースもあり、訴訟や捜査の動きも出てきた。金融庁などの関係機関も、監視を強めている。

 「出資は最低1BTC(ビットコイン)から。100倍まで上げるので参加しませんか」

 神戸市の40代男性は昨夏、メッセージアプリ「LINE(ライン)」で仮想通貨情報を配信する自称「投資家」から、もうけ話を持ちかけられた。

 募ったビットコインを原資にして、知名度が低く取引量が少ない仮想通貨銘柄を大量に買い付け、価格をつり上げた段階で一挙に売り払う仕手戦を試み、売却益を出資者に分配する――。そんな計画だった。

 投資家は業界情報に詳しいと評判で、SNS上で「師」と仰がれていた。男性は面識がなかったが信頼できると感じ、指定のアドレスに2BTC(当時約100万円相当)を送った。

 ところが1カ月後、投資家は「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら