天皇、皇后両陛下は27日午後、羽田空港から特別機で沖縄県に到着した。お二人の強い希望による訪問で、28日には日本最西端の与那国島を初めて訪れる。天皇陛下は来年4月末に退位を控えており、在位中最後の訪問となる見通し。

 両陛下の沖縄県訪問は11回目。沖縄復帰から3年後の1975年に皇太子ご夫妻として初訪問した際には過激派から火炎瓶を投げられた。この訪問で天皇陛下は「この地に心を寄せ続けていく」と談話を発表。以来、繰り返し訪れるようになった。

 退位時期が決まった際も、まず沖縄を訪れたい意向を示したという。宮内庁関係者は「自らが足を運ぶことで、戦争で苦難の歴史を歩んだ沖縄への国民の関心が続くことを願っているのでは」と話す。

 27日は那覇空港に到着後、糸満市の国立沖縄戦没者墓苑で供花をする。28日は与那国島にわたり日本最西端の碑を訪問。29日は豊見城市で沖縄発祥の空手の演武を鑑賞する。(島康彦

天皇、皇后両陛下の沖縄訪問

1975年 沖縄国際海洋博覧会で初訪問。過激派による火炎瓶事件発生

 76年 同博覧会閉会式出席。沖縄戦で島民の半数近くが戦死した伊江島で慰霊碑を参拝

 83年 献血運動推進全国大会で訪問

 87年 昭和天皇の名代で国民体育大会に出席

    全国身体障害者スポーツ大会に出席

 93年 全国植樹祭で訪問。歴代天皇として初

 95年 戦後50年「慰霊の旅」で訪問

2004年 国立劇場おきなわ開場記念公演を鑑賞

 12年 全国豊かな海づくり大会に出席

 14年 約1500人が犠牲になった「対馬丸事件」から70年で、遺族らと懇談

 18年 与那国島を初めて訪問へ