写真・図版

[PR]

 近年、魚の脂肪やアマニ油などに含まれる「n―3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)」が健康にいいとはやっています。しかし、加熱調理に向かないものもあるなど使い方には工夫がいるようです。

 日清オイリオは約10年前、n―3系脂肪酸の1種「α―リノレン酸」の効果を調べた。血圧が高めの男女(平均46歳)111人を二つに分け、12週間同じ食事をしてもらった。1日に取る油の総量をそろえ、一方はα―リノレン酸が3・4グラム、もう一方は1・7グラムになるよう調整した。初めどちらも上の血圧が平均135ぐらいだった。食事管理でともに下がったが、α―リノレン酸が多い方は125程度まで下がったのに比べ、少ない方は130程度にとどまった。試験終了後に上がりだし、差はほとんどなくなった。血圧に関わる酵素に働く高血圧の薬と同じような作用があるらしい。

 また、国立がん研究センターが約4万人を11年間調べると、魚を多く食べる人は心筋梗塞(こうそく)などを起こす危険が少なかった。魚に多いEPA、DHAというn―3系脂肪酸の効果とみられている。

 テレビでタレントなどがエゴマ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら