[PR]

 大阪、兵庫、奈良の3府県で住宅への侵入盗などを繰り返したとして、兵庫県警は毎日新聞大阪本社で制作技術局長や編集局次長を務めたフリーライターの藤原規洋(のりひろ)容疑者(63)=兵庫県西宮市=を窃盗容疑などで追送検し、捜査を終えたと22日発表した。

 捜査3課によると、藤原容疑者は制作技術局長だった2011年6月から定年後の17年10月の間、兵庫県三田市を中心に主に無施錠の家に忍び込む手口で、現金や商品券計約525万円を盗むなど49件の被害に関わった疑いがある。いずれも容疑を認め、「借金返済に使った」と供述しているという。

 兵庫県警は昨年10月以降、藤原容疑者を4回逮捕した。神戸地検は8件(計約344万円)の被害を起訴し、現在公判中。

 毎日新聞大阪本社代表室は「誠に遺憾でおわびします」とのコメントを出した。