女子向け制服に「防寒」スラックス 多様な性、悩む業者

有料記事

国米あなんだ
[PR]

 まもなく入学シーズン。真新しい制服が、苦痛になるケースがある。心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」の生徒たちだ。多様な性のあり方への認識が広がる中、学生服メーカーも模索を始めた。

 「さまざまな思いを持つ方の選択肢を増やすことに意味がある。どれを選んでも大丈夫だよ、と伝えられるような社会になれば」

 学生服出荷額の全国シェアが、約7割を占める岡山県岡山市に本社を置く業界大手「トンボ」のデザイナー奥野あゆみさん(28)は、期待を込めて語る。

 トンボは、4月に開校する千…

この記事は有料記事です。残り1593文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント