魚類の研究者でもある天皇陛下が執筆に加わった図鑑「日本魚類館」(小学館)が出版された。宮内庁が22日、発表した。

 図鑑は海水魚や淡水魚など約1400種の魚について魚類学者47人が執筆したもの。陛下は4ページにわたり、シマハゼ類やチチブ類の魚について写真付きで紹介し、細かな違いや生態などについて執筆した。

 陛下は長年、公務の合間などに研究を続け、新種のハゼを8種発表してきた。(緒方雄大)