[PR]

 22日の世界選手権男子ショートプログラム(SP)後の宇野昌磨(トヨタ自動車)と報道陣の主な一問一答は以下の通り。

 ――今の足の状態とSPについて。

 「今の足の状態は、朝の公式練習は痛かったんですけど、周りの方のサポートもあって練習することもできましたし、試合では気持ちが高まっていたからか、試合会場に入ったときから普通に歩けましたし、痛みもなく不思議な状態で試合に挑むことができた。けれど、体が動いたからこそ、3回転サルコーで力が有り余ってしまって、変なジャンプになってしまった。そこでバランスを崩してしまった。今思えば、もしこの状態で試合に挑めるとわかっていたなら、もっと難しい構成をやってよかったかなと思った。でも、それは結果がわかって話しているだけ。失敗したことを悔やんでいる」

 ――ジャンプの難度を落とした…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら