拡大する写真・図版 スヌーピーのヘッドマークをつけた「スヌーピー&フレンズ号」=阪急電鉄提供(C) 2018 Peanuts

[PR]

 阪急電鉄は24日から、人気キャラクター「スヌーピー」を車内外にあしらった列車を走らせる。神戸、宝塚、京都の3線でそれぞれ1編成(8両)を運行する。運行する日時は不定期で、同社広報は「乗れたらハッピーです」。8月31日までの期間限定だ。

 装飾列車は「スヌーピー&フレンズ号」。スヌーピーやその仲間たちをあしらった特製のヘッドマークを前後につけ、ドア横にはステッカーを貼る。車内にはスヌーピーたちが京都・嵐山など阪急沿線の見どころを訪れる様子などを描いたポスターも飾る。

 装飾列車の運行に合わせて、阪急の公式アプリ「TOKKアプリ」で駅ごとに異なるデザインのデジタルフォトフレームで写真撮影できるようにする。スマホの位置情報と連動し、実際に行った駅のデザインが表示される仕組みだ。このほかスタンプラリーも開催。阪急の4駅でスタンプを集めると、メモ帳などオリジナルグッズがもらえる。