[PR]

 貴乃花親方(元横綱)が23日、内閣府へ提出した告発状を取り下げる意向を示した。が、角界の反応は冷ややかだ。厳しい処分を求める声が依然ある。

 この日、報道陣に対して告発状を取り下げる意向を示した貴乃花親方だが、場所直前に提出した時と同様、執行部を含め協会には伝えていない。中堅親方は「今さらだし、反省しているようには感じない」。役員以外の親方で作る年寄会の錦戸会長(元関脇水戸泉)も「取り下げたから良い、ではない。初日前の告発は、協会の屋台骨が揺らぐ出来事。いまの時点では不信感しかない」と言った。

 年寄会の要望で場所後の28日に開かれる臨時年寄総会は、貴乃花親方の一連の言動について問いただす場となる。貴乃花親方は出席して質問に応じる意向を示しており、錦戸親方は「報道や親方に対し、疑問を持っている方が多い。真実を知りたい」と話した。

 29日の理事会では、暴力問題を起こした弟子の貴公俊とともに処分が検討される。ある協会幹部は「これだけ騒がせた責任は変わらない」と話し、告発状を取り下げても、処分の内容には影響がないとの見方を示した。(鈴木健輔)