[PR]

 プロ野球の巨人は23日、育成契約の高木京介投手(28)を支配下登録したと発表した。背番号は「028」から「57」に変わる。これでシーズン開幕後も、1軍のマウンドで投げられるようになる。

 石川・星稜高から国学院大を経て、2011年秋のドラフト4位で入団した高木。野球賭博に関与したとして16年3月、当時の熊崎勝彦コミッショナーから1年間の失格処分を受けた。巨人からも契約を解除されたが、処分期間が満了となると、昨年3月に巨人が育成選手として契約。プロ野球選手として再出発した。

 23日に記者会見した高木は、決意表明を求められるとその場で立ち上がり、深々と頭を下げた。「自分の過ちは、消えることはない。真摯(しんし)に野球に取り組み、ジャイアンツに貢献することで、サポートをいただいた方々に、恩返ししていきたいと思っています」

 謹慎期間は、体重が約10キロ減ったという。育成契約後は2軍の公式戦などで登板することで、試合の感覚を取り戻した。今季のオープン戦でも安定した投球を続けており、球団は左の中継ぎとして期待している。(井上翔太