[PR]

 ヤフーが仮想通貨交換業への参入を検討していることが23日、わかった。子会社を通じ交換業者「ビットアルゴ取引所東京」への出資を検討している。関係者によると、出資割合や金額を調整しており、今春にも出資する予定。来年以降の追加出資も検討する。仮想通貨取引は増えており、成長が見込めると判断したもようだ。

 ビットアルゴはまだ営業を始めていないが、すでに金融庁への登録を済ませた。コインチェックでの不正流出問題で金融庁は新規登録に慎重になるとみられ、ヤフーは登録業者への出資で業界参入を急ぐ。

 仮想通貨交換業をめぐっては、IT大手「サイバーエージェント」や「LINE」も参入を表明している。