[PR]

 フィギュアスケートの世界選手権第3日は23日、ミラノで行われ、女子でショートプログラム(SP)8位の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)がフリー2位の145・01点をマークし、合計210・90点で銀メダルを獲得した。宮原知子(関大)がSP、フリーともに3位の210・08点で銅メダルを手にした。

 日本女子のダブル表彰台は安藤美姫が初優勝し、浅田真央が2位に入った2007年大会以来11年ぶり。日本はさいたま市で開催する来年の出場枠を3枠に増やした。

 SP4位だった平昌冬季五輪銅メダルのケイトリン・オズモンド(カナダ)がフリー1位で逆転し、合計223・23点で初制覇。五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は5位だった。(共同)

こんなニュースも