[PR]

(24日、大相撲春場所14日目)

 優勝してインタビュー室に向かうとき、鶴竜は付け人たちとグータッチした。「みんな、一生懸命支えてくれますからね」。優しい横綱が、8場所ぶりに賜杯(しはい)を抱く。

 勝てば優勝という結びの一番は、ひどい内容だった。立ち合いで豪栄道の勢いを止められず、引く。相手の首を押さえながら後退。最後は右足一本で徳俵の上に立ち、大関の体が落ちるのを見た。そして、土俵下に転げ落ちた。2横綱が休場、土俵外ばかりが騒がしい場所らしく、締まらない優勝シーンだった。

 「何が何でもっていう、そうい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも