[PR]

 2020年度から小学校で正式に教科化される英語。舟形町では04年度から保育園・小学校・中学校が連携して英語教育を進めていた。その取り組みをまとめた資料集を元小学校長井上洋子さん(67)=新庄市=がつくった。幼児期からの英語教育の先行例だ。

 資料集「保・小・中連携による舟形町の英語教育~Let’s enjoy English!」には、「ぼくはえいごがすきになりました」(2年)、「小学校から英語をやれてとてもラッキー」(6年)といった児童の感想が並ぶ。「単元名 きれいなふうせん いくつあるかな Ten Balloons」などと書かれた担当教諭の手作りの授業指導案や「English is fun~英語は楽しい~」と見出しのついた町の広報の記事などが収められている。

 中学の英語教諭だった井上さんは、海外視察などを通じて、外国語の簡単な会話は、初対面でも「人と付き合う能力」になると実感。幼児期から英語を始めるべきだと考えるようになったという。

 00年春に舟形町の堀内小学校…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら