[PR]

 ――「甲状腺検査は医療倫理的に問題だ」と検討委員会などで指摘している

 医学研究には、被験者の自己決定権が守られなければならないとの原則がある。つまり、検査を受けるか受けないかを自由に選べる権利だ。これは、医学が守るべき倫理的な原則で、世界的に約束されている。

 甲状腺検査では、特に小学校から高校で行われている学校検査が問題で、今は授業の時間に検査が行われている。検査場所に皆が行く時に「行かない」と言えば、取り残されることになる。子どもには圧力だ。親の同意書があるので問題ないという議論もあるが、強制力がある検査だと言われても仕方がない。

 ――検査をどのようにす…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら