[PR]

 24日に米ワシントンで実施された銃規制を求める「私たちの命のための行進」。これまで銃乱射による悲劇が繰り返されても進まなかった銃規制の流れも、若者たちの怒りのうねりで、少しずつ変化が現れている。

 カンザス大のデビッド・ファーバー教授(社会運動史)は「1970年のベトナム反戦デモ以来の、最大規模の学生による抗議活動になるだろう」と話す。

 99年のコロンバイン高校(13人射殺)、2007年のバージニア工科大学(32人)、12年のコネティカット州の小学校(26人)――。これまで乱射事件が起きるたびに叫ばれ、進まなかった銃規制だが、全米規模に広がった高校生らの行動が、社会を動かしつつある。

 銃規制の本格的な議論を避けて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら