[PR]

 高隈連山のふもとにある鹿屋市小薄町の農園「ダマスクの風」で、チューリップなどが見頃を迎え、多くの花見客が訪れている。

 2ヘクタール余りの園内では、約3万球のチューリップや約8千本のポピー、約3千本のツルコザクラなどが春の風に揺れている。園長の門倉美博さん(70)は「チューリップは4月上旬ごろ、ほかの花は5月中旬ごろまで楽しめそう」と話す。

 開園時間は午前9時~午後5時。不定休で入園無料。ハーブティーやソフトクリームなどを販売するカフェもある。問い合わせはダマスクの風(0994・46・5627)へ。(周防原孝司)