[PR]

 大相撲の西十両12枚目で、元横綱日馬富士の傷害事件の被害者である貴ノ岩が春場所(エディオンアリーナ大阪)14日目の24日、照ノ富士を破って7勝7敗とし、十両残留を確実にした。

 立ち合いは照ノ富士の出方を見ながら距離を取った貴ノ岩。続いて相手の左腕を手繰りながら攻め込むと、最後は横について押し出した。取組後は「よく見えていた」と納得の表情。千秋楽に勝ち越しをかけることになり、「最後、思い切りやって終わりたいと思う」と語った。

 元大関の照ノ富士は負け越しが決定。貴ノ岩と同じ鳥取城北高出身で後輩にあたり、鳥取市内で起こった元横綱日馬富士の傷害事件の現場にも同席していた。